お見舞いメール

14.09.21 / お知らせ, 相談室だより / Author: / Comments: (0)

当院には、お見舞いメールというものがあります。

遠方に住んでいる、忙しくて時間がとれない等の理由でお見舞いに来られない方のために、頂いたお見舞いメールを患者さんへお届けするという取り組みです。
コロナ禍となる前は、利用される方はほとんどいらっしゃいませんでしたが、コロナ禍以降お見舞いのメッセージを頂く機会が増えています。

当院では、予約制でガラス越しの面会を行っていますが、来院することが難しい場合等に、このお見舞いメールをご利用されてみるのはいかがでしょうか。

当院ホームページにお見舞いメールのコーナーがあり、そこからメールを送ることができます。詳しい内容は、お見舞いメールのコーナー内に記載していますので、ご興味のある方はご覧くださいませ。

お見舞いメール

相談室

七夕飾りはじめました【行事委員会】

29.06.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

もう、6月も終わりが近づいてきました。

例年この季節にはいろいろな場所で七夕飾りがたなびき、祭りを知らせる看板が立っているのですが

今年も中止になった七夕イベントは多いようです。

 

しかし、コロナに対してもいろいろなことがわかってきました。

やってはいけないこと、対策すれば問題がないこと…

 

当院では少し工夫をして今年は七夕飾りを行います。先日から、ワクチンのために来院された方や患者さまに

短冊をファイルに挟んでお渡しし、使い捨て用の鉛筆を使うことで、”不特定多数との接触”を避けながら

ワクチンの待ち時間を使って願い事を書いてもらっています。

ささやかですが季節を感じるイベントとして楽しんでいただければ幸いです。

 

いただいた短冊の願い事は、正面玄関の笹に飾らせてもらっています。

飾り始めた日の写真ですので、ご来院いただいた日にはもう少し派手になっているかもしれません。

廊下にも、病棟の各チームが七夕の飾りを展示してくれています。

リハビリへの行きかえりなどで見て楽しんでください。

(二階東病棟Nsステーション前)

倉敷北病院 行事委員会

KCTニュースに紹介されました。

18.05.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

昨日、KCT(倉敷ケーブルテレビ)の「KCT NEWS」(PM17:00~)内で、

当院での75歳以上の高齢者様への新型コロナウィルスワクチン接種開始の様子をご紹介頂きました。

現在も番組ホームページで動画を見る事が出来ますので、サイトのURLを張っておきます。

 

KCT NEWSトップページ

https://tv.kct.jp/news/

5/17 タイトル「新型コロナワクチン 高齢者向けの接種はじまる」

https://tv.kct.jp/program/detail.php?id=29155

※該当サイトのリンクについては倉敷ケーブルテレビ様よりご承諾頂いております。

 

by渉外のK

医療従事者へのワクチン投与が始まりました

06.05.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

先月より、医療従事者に対しての新型コロナウイルスワクチンの先行投与が始まりました。

まず、院内のスタッフに対して投与を行います。

 

講義や、シミュレーションで勉強した内容通りに正確な筋肉注射が行われています。

(当院スタッフへの投与)

 

接種を受けたスタッフの声

「全然なんともないわ!」

「打った日の夕方ぐらいから肩が痛くなって、次の日は腕があがりませんでした。」

「インフルエンザの予防接種よりも痛くないんじゃなあ。」

接種が終了し、緊張も解けたのか感想を言い合う声が盛んでした。

ファイザー(メーカー)や、学会の公表しているデータよりも発熱や倦怠感の副作用は少ない印象です。

 

私も接種しましたが、翌日晩までは筋肉痛(久しぶりに運動した後のような感じ)がありましたが

その次の朝には嘘のように何ともなくなっていて不思議な感覚でした。

 

心配されていたアレルギーなどの副反応も、今の所は起こっていません。

5月の中旬からは高齢者へのワクチン接種も始まります。

現在、激しい流行を見せている岡山県内の新型コロナウイルス感染症ですが、状況の打開につながる一手になることを願うばかりです。

コロナワクチン勉強会2(副反応)

23.04.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

前回、ワクチンの注射手技についての勉強会を行ったのに続いて

副反応(副作用)についての勉強会を行いました。(行ったのは3月下旬)

 

接種後すぐに起こる副反応のうち重症になる可能性があり、なおかつ適切な処置を行うことで回復できるものとして、重篤なアレルギー「アナフィラキシー」があります。

※公開されている情報を見る限りは、報道されているすべての症例がアナフィラキシーの診断基準を満たしているとは限らず不明なものも多く含まれています。冷静な対応が必要です。

 

アナフィラキシーで有名なのは、「ハチに2回目に刺されると命の危険がある。」というものです。

1回目にハチ毒への抗体ができ、2回目に過剰なアレルギー反応を起こしてしまう体質の人がいるという代表例です。

日本アレルギー学会(アナフィラキシーガイドラインより)

日ごろから、よく見かける疾患ではありませんが

いわゆる「特効薬」があり、治療法が確立しています。(100%の効果があるわけではありません。)

勉強会を行い、診断方法、対処法やガイドラインについて再確認しました。

今回のワクチンにおいては「マクロゴール」(別名:ポリエチレングリコール)が原因物質とされています。

非常に多くの薬品や化粧品の添加物として使用されているため、いままで一度も触れたことが無い未知の物質ではありません。

逆に、複数の薬品でアレルギーを起こした経験のある方は 接種前によく相談が必要だと考えられます。

 

JAグループ岡山より「おかやま米」をいただきました

27.02.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

先日報道にもあったようですが、JAグループ岡山様よりコロナ禍での医療機関への応援として岡山県病院協会へ「おかやま米」が贈呈されました。

当院へも「里海米 きぬむすめ」が届きました!

この、きぬむすめは岡山県で初めて 食味ランキングで特Aに選ばれているブランド米です。

“牡蠣のから”を砕いたものを栽培肥料として活用し、海のミネラルや栄養分が豊富な米とのことです。

写真はそのうちの一袋です(開封済)

 

小分けにし、全スタッフでいただきました。JAグループ岡山様ありがとうございました。

当院には、子育て世代のスタッフが多いため感謝の声が多数きかれました。

いろいろな業界が応援の声も下さいます。大変心強く感じています。

詳細はJA岡山のサイトでも紹介されています。

https://www.jacom.or.jp/noukyo/news/2021/02/210201-49201.php

 

 

withコロナにおけるセルフコンディショニングのすゝめ

14.10.20 / お知らせ, 外来スタッフ, 未分類 / Author: / Comments: (0)

新型コロナウイルスの流行による中での生活は、心身ともに悪影響を及ぼしてしまっていないでしょうか?

そこで当院外来では少しでも楽しく生活して頂きたいという思いから音楽療法士と音楽を楽しみ、

一緒に歌を歌いストレスの発散をしてもらったあと

理学療法士と自宅で椅子を使いながらの体操をご紹介させてもらう会を開催しました。

※スタッフ、参加者の体調を確認した上で、換気の徹底し・参加者間の距離をとって三密とならないように開催しています。

 

開会の言葉  外科…宮原先生

 

 

音楽療法士と一緒に歌を楽しみました

 

 

 

 

理学療法士と一緒に体操をしました。

翌日筋肉痛になったスタッフも…

 

 

 

 

外来スタッフ

 

 

ホームページ更新のお知らせ🎵

17.08.20 / お知らせ / Author: / Comments: (2)

2020.08.17 ホームページ更新のお知らせ

 

外科系データベース(NCD)登録事業について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しており、その情報提供をHP上で公開させていただきました。

(公開場所は、TOP外来のご案内→外科ページ下部にNCDのロゴで載せています。)

この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。

本事業への参加に関してご質問がある場合は、担当医にお伝えください。

 

本事業の詳細はこちらをご覧ください。

NCDホームページ:http://www.ncd.or.jp/

 

秘書室

巻き爪矯正治療はじめました。

27.12.19 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

 

\巻き爪でお困りではございませんか?/

当院では、外科で巻き爪治療を開始しました。

外来で簡単に治療できます。

 

巻き爪とは…。

足指の爪の両端が、強く内側に湾曲した状態を言います。

巻き爪が進行していくと、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、次第に痛みを引き起こすようになり、

曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、歩くことができなくなる場合もあります。

当院の治療方法は、外科の医師が診察をさせて頂き、ワイヤーで治療するだけではなく

痛い部分を保護しながら治療することが可能です❣

化膿してしまった巻き爪等でも薬を使いながら治療できます。

 

 

痛みがあっても我慢したり 😆 自分で対処されてつらい時間をお過ごしになられていないですか 😐 ?

お気軽にご相談くださいね。

巻き爪に関する診察日  水・木・金 9:00~11:30

 

 

実際の治療例  60歳代 男性

治療を開始した日…

本人も歩くのが痛いと言いながら仕事していました。。。 😥

 

細い針で爪に穴を空けて

ワイヤーを通します。

 

 

 

 

治療開始3日目にはあたりによる痛みがなくなりました(本人談)

約4週間後

治療中も歩くのにも痛みがなくなったようです

  

外来

 

外来待合室 展示絵のご案内

21.10.19 / お知らせ, 総務部 / Author: / Comments: (0)

段々寒くなってきましたね。皆様、如何お過ごしでしょうか。

さて、明日10月22日は「即位の礼正殿の儀」です。
当院では、内田ガラス絵コレクションからおめでたい雰囲気の絵5枚、外来待合室に展示しております。
展示期間は、10月25日㈮までですので、よろしければ是非ご覧ください。

(医療法人昭和会グループにも、関連記事を記載していますので、こちらもご覧ください。)

秘書室

錦鶏鳥の雌雄と郡長    牡丹と錦鶏鳥 桃の花とはは鳥

桜と錦鶏鳥      牡丹と菊と朝顔