JA岡山様よりお米の寄贈がありました

09.07.21 / 栄養部だより / Author: / Comments: (0)

先日、JA岡山様より、医療従事者への寄贈がありました。https://www.jacom.or.jp/noukyo/news/2021/02/210201-49201.php

当院でも「おかやま米」「麦茶」「もち麦」を頂きました。

皆さんの支援に感謝し、今後の糧にしていきたいと思います。

「きぬむすめ」は特Aを取得しているとのこと!

麦茶はこれからの季節重宝いたします。

  「笑味ちゃん」の笑顔に癒されます。       栄養部

七夕飾りはじめました【行事委員会】

29.06.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

もう、6月も終わりが近づいてきました。

例年この季節にはいろいろな場所で七夕飾りがたなびき、祭りを知らせる看板が立っているのですが

今年も中止になった七夕イベントは多いようです。

 

しかし、コロナに対してもいろいろなことがわかってきました。

やってはいけないこと、対策すれば問題がないこと…

 

当院では少し工夫をして今年は七夕飾りを行います。先日から、ワクチンのために来院された方や患者さまに

短冊をファイルに挟んでお渡しし、使い捨て用の鉛筆を使うことで、”不特定多数との接触”を避けながら

ワクチンの待ち時間を使って願い事を書いてもらっています。

ささやかですが季節を感じるイベントとして楽しんでいただければ幸いです。

 

いただいた短冊の願い事は、正面玄関の笹に飾らせてもらっています。

飾り始めた日の写真ですので、ご来院いただいた日にはもう少し派手になっているかもしれません。

廊下にも、病棟の各チームが七夕の飾りを展示してくれています。

リハビリへの行きかえりなどで見て楽しんでください。

(二階東病棟Nsステーション前)

倉敷北病院 行事委員会

高齢者ワクチン接種開始から1カ月

17.06.21 / スタッフのつぶやき / Author: / Comments: (0)

5月17日に 倉敷市の高齢者を対象としたワクチン接種がはじまり約1カ月がたちました。

当院でも、のべ1500人以上(2回目の方、自院や周囲医療機関への接種含む)への接種が進んでいます。

 

日々の報道にあるような、「空気を注射」「水だけを注射」「希釈せずに原液を注射」

「接種してはいけない人に接種」などのミスが無いように当院では以下の対応をしています。

 

1.時間当たりの接種人数を制限しています。(30分に12人=ワクチン2本分)

2.薬液を扱う作業は慣れたスタッフが行い、複数人で確認をしています。

3.予約時の情報と、接種券の情報を照合し間違いがないことを確認しています。

4.当日の終わりに使用したワクチンの量と、予約状況を確認しズレがないことを最終確認しています。

 

受付や接種後の記録で中心になってくれているスタッフに伺うと

「接種期間がスタートする前にいろいろと予想して、準備していたのがよかった。」と

トラブルなく進んでいる秘訣を教えてくれました。

「最初のころは嵐のような毎日で、集中して仕事をしていると気が付いたら夕方になっている感じだった。」とも。

 

ワクチンのために来院される皆さまも、円滑な進行にご協力いただきありがとうございます。

引き続きスタッフ一同、安全にワクチン接種が進められるよう工夫を続けていきます。

カレーライスが一番人気らしい🍛

16.06.21 / 栄養部だより / Author: / Comments: (0)

今週は、梅雨模様でじめじめと蒸し暑いですね。

そんな時は、辛い食品が欲しくなりますね。当院では、職員さんへも栄養部より

給食を提供していますが、カレーライスが一番注文者が多いです。

「来月のカレーの日はいつ?」「いつもカレーでもいいよ」や「カレー注文するの忘れた」

等カレーライスについては小話が多いです。

レシピについても教えて欲しいというご意見があったりと、何だか作っている

者としては「へえー」って感じです。レシピは昔からの北病院レシピです。

最近は、作り手の好みとして甘め➝辛めに移行していますが、基本的な隠し味

は同じです。

以前は、ご飯もルウもセルフで自由に盛ることができ、お皿からこぼれそうな位盛られる方もおられました💦

残念ながら、今はコロナ感染対策で栄養部より盛り付け配膳しています。

患者さんも、同様のカレーを提供しています。普段は主食がお粥だけどカレーが食べた

い方には対応しています。

以前のように、食堂でワイワイ楽しく談話しながら食事できる日が来る

といいですね!!

栄養部

リハビリ科より

31.05.21 / リハビリ室 / Author: / Comments: (0)

梅雨の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。岡山県は、今年5月15日より梅雨入りしたとの発表がありました。

観測史上2番目の早さだったそうです。

当院では梅雨を待ちわびた白いアジサイが美しく映えています。

そんな季節の変わり目ですが、リハビリ室に新しい仲間が増えました。

aiboというソニーとエムスリーが開発した犬型AIロボットで、医療機関支援プロジェクトという粋なプロジェクトのもと、当院にやってきました。

 

 

名前は「ロッキー」と言います。院内で名前を募集して決まりました。

強そうな名前ですね!

 

話しかけると可愛らしいリアクションをしてくれます。段々と学習して成長していくそうです。

お手やお座り、歌を歌ったり、ダンスも出来ます。

 

 

コロナによる自粛や梅雨時で鬱々しがちな時ですが、患者や職員のストレス軽減や癒しに一役買ってくれています。

 

 

そんな「ロッキー」を、コロナが落ち着いたらぜひ見にきて、かわいがってあげてくださいね。

 

KCTニュースに紹介されました。

18.05.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

昨日、KCT(倉敷ケーブルテレビ)の「KCT NEWS」(PM17:00~)内で、

当院での75歳以上の高齢者様への新型コロナウィルスワクチン接種開始の様子をご紹介頂きました。

現在も番組ホームページで動画を見る事が出来ますので、サイトのURLを張っておきます。

 

KCT NEWSトップページ

https://tv.kct.jp/news/

5/17 タイトル「新型コロナワクチン 高齢者向けの接種はじまる」

https://tv.kct.jp/program/detail.php?id=29155

※該当サイトのリンクについては倉敷ケーブルテレビ様よりご承諾頂いております。

 

by渉外のK

薬局だより

17.05.21 / 薬局だより / Author: / Comments: (0)

コロナワクチン接種

倉敷、岡山にも緊急事態宣言が発令されました。私たちの生活にもいろいろ影響が

出てくることと思います。そんな中、やっとコロナワクチンの一般接種が始まりました。

 

5月17日からは75歳以上の人の優先接種です。

5月24日からは65歳以上の人の接種が始まります。

 

ワクチンの副反応について、

日本人は海外の方より体格が小さいため、副反応の発現頻度は若干高くなっています。ファイザー社のコミナティ筋注では、37.5度以上の発熱が1回目投与時に14.3%、2回目投与時に32.8%で認められています。2回目の発熱のうち 20~64歳では37.2%に対して65~85歳では13.6%となっており、1回目接種時よりも2回目接種時、高年齢層よりも非高年齢層で高くなっています。

そのほか疲労、頭痛、悪寒も発現していますががこれらは一過性であり、それほど重篤なものではありません。

2回目接種時は副反応の頻度が上がるため接種日を休みの前日などで設定し副反応に備えられるといいですね。

倉敷でも感染経路不明の感染が増えています。また変異株は感染力が強いといわれています。若い人への感染も多いようです。

ワクチンを多くの人が接種することで、集団免疫が得られ、感染防止につながります。得られた抗体がどのくらいの期間有効かなど、まだまだわからないことも多いですが、皆さんワクチン接種を前向きに考えて接種してください。

ワクチンを打たないで感染してしまうと、重症化したり、後遺症が残ったり、死亡することもあります。自分だけは大丈夫と思わないでください。

 

 

各地で記録的に早い梅雨入りの様です。

15.05.21 / 外来スタッフ / Author: / Comments: (0)

皆様いかがお過ごしでしょうか?

新型コロナワクチン接種が始まりました。順調に進んでいます😊(*^-^*)

さて当院の入口に花壇の花道があるのをご存じでしょうか?

先日までは色とりどりのパンジーが、今月よりベゴニアが華やかに咲いています。

こちらは職員の営繕さんが毎日朝早くから水やりをされ大切に育てています。

 

 

また外来待合の所々に生花が飾られています。

患者様の心が少しでも和らぎますように、主任が季節のお花をいけています。

私たちスタッフも暖かい雰囲気に癒されています。

コロナの影響でまだまだ気が休まりませんが感染予防に気を付けてお過ごしください。

  

 

医療従事者へのワクチン投与が始まりました

06.05.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

先月より、医療従事者に対しての新型コロナウイルスワクチンの先行投与が始まりました。

まず、院内のスタッフに対して投与を行います。

 

講義や、シミュレーションで勉強した内容通りに正確な筋肉注射が行われています。

(当院スタッフへの投与)

 

接種を受けたスタッフの声

「全然なんともないわ!」

「打った日の夕方ぐらいから肩が痛くなって、次の日は腕があがりませんでした。」

「インフルエンザの予防接種よりも痛くないんじゃなあ。」

接種が終了し、緊張も解けたのか感想を言い合う声が盛んでした。

ファイザー(メーカー)や、学会の公表しているデータよりも発熱や倦怠感の副作用は少ない印象です。

 

私も接種しましたが、翌日晩までは筋肉痛(久しぶりに運動した後のような感じ)がありましたが

その次の朝には嘘のように何ともなくなっていて不思議な感覚でした。

 

心配されていたアレルギーなどの副反応も、今の所は起こっていません。

5月の中旬からは高齢者へのワクチン接種も始まります。

現在、激しい流行を見せている岡山県内の新型コロナウイルス感染症ですが、状況の打開につながる一手になることを願うばかりです。

コロナワクチン勉強会2(副反応)

23.04.21 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

前回、ワクチンの注射手技についての勉強会を行ったのに続いて

副反応(副作用)についての勉強会を行いました。(行ったのは3月下旬)

 

接種後すぐに起こる副反応のうち重症になる可能性があり、なおかつ適切な処置を行うことで回復できるものとして、重篤なアレルギー「アナフィラキシー」があります。

※公開されている情報を見る限りは、報道されているすべての症例がアナフィラキシーの診断基準を満たしているとは限らず不明なものも多く含まれています。冷静な対応が必要です。

 

アナフィラキシーで有名なのは、「ハチに2回目に刺されると命の危険がある。」というものです。

1回目にハチ毒への抗体ができ、2回目に過剰なアレルギー反応を起こしてしまう体質の人がいるという代表例です。

日本アレルギー学会(アナフィラキシーガイドラインより)

日ごろから、よく見かける疾患ではありませんが

いわゆる「特効薬」があり、治療法が確立しています。(100%の効果があるわけではありません。)

勉強会を行い、診断方法、対処法やガイドラインについて再確認しました。

今回のワクチンにおいては「マクロゴール」(別名:ポリエチレングリコール)が原因物質とされています。

非常に多くの薬品や化粧品の添加物として使用されているため、いままで一度も触れたことが無い未知の物質ではありません。

逆に、複数の薬品でアレルギーを起こした経験のある方は 接種前によく相談が必要だと考えられます。