新型コロナウイルス陽性者の発生について(終息宣言)

22.09.22 / / Author:

新型コロナウイルス陽性者の発生について(終息宣言)

 令和4年9月22日をもって、医療法人昭和会 倉敷北病院における新型コロナウイルス感染症の
院内クラスターが終息した事をご報告いたします。

 9月15日時点で全病棟内の療養者の健康観察期間が終了しましたが、
より慎重な対応として一週間経過観察を行いました。
この一週間の間に体調不良者はみられなかったこと、9月8日(第2報)以降9月22日まで、
新規の新型コロナウイルス感染はみられなかったこと、関係職員に対してのPCR検査で全員の
陰性が確認されたことから、当院の新型コロナウイルス感染症の院内クラスターは終息したと判断し、
本日9月22日より通常運営にもどることを ここにご報告いたします。

 依然、市内の新型コロナウイルス感染症流行は続いております。
引き続き 職員一同、感染防止対策に全力を尽くし再発防止に取り組んでまいりますので、
何卒 ご理解とご協力の程 よろしくお願い申し上げます。

倉敷北病院
院長 宮原 淑人

Comments: 0

« |