倉敷北病院 麻酔科

痛みは、体のその箇所に異常があることを知らせる重要な情報です。
痛みの原因や対処法が判らないと不安になります。
痛みでお悩みの患者様を診療する、麻酔科の一診療部門です。

担当医紹介

【川崎医科大学附属 川崎病院】麻酔・集中治療科 部長(教授)

片山 浩(かたやま ひろし)

  • 医学博士
  • 麻酔科専門医・指導医
  • 集中治療専門医
  • 救急専門医
  • ペインクリニック認定医
  • ICD認定医
外来診療日
/ 火曜日・午前
/ 週1回
(非常勤)ペインクリニック担当

倉敷北病院 診療日・診療時間

毎週火曜日 午前9:00~12:00
※診療日は変更や休診となることもありますので、電話にて事前にご確認下さい。

倉敷北病院 ペインクリニックの治療

麻酔薬で神経をブロックしたり、針治療、特殊な内服を組合わせるのが主な治療です。

倉敷北病院 局所麻酔薬とは

ペインクリニック治療の主体は神経ブロックで用いる薬は、殆ど局所麻酔薬です。
神経の電気活動を押さえ、電流が脊髄や脳に伝わらなくなるので、痛みが止まります。

倉敷北病院 局所麻酔の例

  • 盲腸の手術で背中に注射して、下半身がしびれる
  • 怪我で皮膚を縫ってもらうとき
  • 抜歯のとき
  • 胃の検査で胃カメラを飲むとき

倉敷北病院 ペインクリニックで取扱われる痛み

  • 肩こり、ヘルニアなどが原因の腰、下肢の痛み
  • 三叉神経痛(顔面麻痺)など、顔面の痛み
  • 帯状疱疹及びその後の神経痛
  • 血行不良による痛み
  • 骨折や手術後いつまでたっても取れない痛み
  • 顔の運動神経が麻痺したり、痙攣があるとき
  • 突発性難聴(急に耳が聞こえなくなる)
  • 頚椎捻挫(ムチウチ症)受傷後7~10日経過しても症状が改善されないとき
痛みでお悩みの方は、一度お気軽にご相談下さい。