3階リハビリ室の壁画が変わりました

17.07.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 3階のリハビリ室の夏の壁画は紫陽花と蛍で・・・7月に入る頃には天の川があしらわれますが
今年は天の川は見えませんでした。5月15日から夏仕様。

 

この7月6日の大雨は、本当に経験した事の無い様な大雨でした。当院では午前2時ごろまで
避難の方針の確認をしておりましたし、関連の事業所でもそれぞれに夜半から早朝にかけて状況の
確認をしたそうです。幸に大きな被害を受けることはありませんでした。スタッフの中には洪水の
あった地区の方で、被害を受けた御宅もありました。みなさん、復旧に向けて頑張っておられます。
被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

 7月15日にはリハビリの有志3名、事務方から3名、検査室から軽トラックを出してくれる
1名でチームを組んで被災されたスタッフの家のかたづけに行く計画をたてておられましたが
連休は各地から沢山のボランティアの方が来てくれるとの情報、前日は渋滞で動きが取れなく
なっていた事から、また様子によってお願いしますと中止の連絡があったそうです。

 当院は救急指定は受けておりませんし、被災地の皆さんは総社や水島と言った地区の方が移動が
便利との事で、この1週間程では入院された方は1名、転院の予定の方が1名、外来には数名の
方が来られています。急性期病院の後方で入院が長期になる方をお受けする役割を選択した当院
では、そろそろそうした機能が生かせるように努力していかないといけない時期になります。

 この10日ほど、皆さん重い空気の中で活動されていました。その中で7月15日・・・
「やっぱり天の川は、今年は無しか?」と3階のリハビリ室を覗いてみると、介護スタッフや
リハビリスタッフによる新しい壁画ができていました。ぱっと明るくなります。

 

花も本当の花。見事な鉢です。ミリオンベルの仲間?
壁画を大きく写しますと・・・

 

個人的に目をひかれたのはこの部分。

 

訓練を受ける患者さんも・・・ほっとした感じがするのでは?

流沙@昭和会

1月~2月の院内の画像から

02.03.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 昨年10月、2階の一般病棟の増床を行いました。療養病床は少しベットを減らして調整して
います。一般病床の需要が増えているためです。その際、以前の療養病棟の詰所をそのまま第2
詰所として利用しましたが、どうも手狭で不便でした。隣にあるリネン庫が広かったのでこの
部屋を少し縮小して(パネルの移動で対応できます。)詰所を広げる工事を計画しましたが、洗
面所のアコーデオンドアがくたびれているのが前から気になっておりまして、この機会に一緒に
何とかしたいということになりました。同じ様なアコーデオンドアではまたすぐに傷んでしまう
から、もともと希望だったスイングドアにしようという事になりました。

 

 1月10日、こんな感じでドアが交換されました。2階の旧療養病棟の詰所もかなり広くなり
1月25日には机の準備も整い、使いやすい一角ができました。

 2月の節分の画像は先日3F療養病棟の投稿で紹介されていたので、今回はその後の画像を
載せてみました。2月12日のまだ寒い日ですが・・・。

 

 左が外来に登場したお雛様。右は2階のベランダから北側の道、倉敷北ケアセンターを
望んだ所。病院の陰の中を自転車を押して進む奥さんが写っています。まだまだ寒い日。

 2月15日は倉敷北病院、メディカ倉敷北、倉敷北ケアセンター、介護付き有料老人
ホーム結幸園の連携会議(画像は昭和会のブログに)がありました。

 次の画像は1月に取り付けたスイングドア。やはりカートや台車がぶつかって傷ができそう
なので、何かカバーをつけようということになりました。業者さんお勧めのパネルはとても
高価だったので、他に良さそうなものが無いかと探す間、代用のカバーをつけておくことに
なりました。

 

ちょっと見にくいですが、ドアと同じような色のカバー。2月17日の画像です。

 これは2月21日の画像。大きな傷が入っています。貼っといてよかった!!

 2月22日には3階のリハビリ室に新しい飾りつけが出来ておりました。桃の節句の
壁画・・・。

 

 御雛さまの画像は、大きな写真にリンクしました。この部屋には最初の写真左下に見えますが
ヒヤシンスの水耕栽培も置いてありました。

 

2月22日はこんな具合。これがわずか5日後の2月27日には、こんなに成長して花穂も
見られています。

 

流沙@昭和会

道の駅巡り

17.02.18 / 病院だより, 花だより / Author: / Comments: (0)

道の駅 醍醐の里 青いにんにく卵はこの鶏が産んでいます。純国産種 岡崎アロウカナといい非常に珍しいそうです。(2017/11/19)

松江城附近の郵便ポスト(黒)(2017/11/23)

国道・米子道からの大山(2017/11/23)

紅葉・万両(2017/11/24)

三木サービスエリアのイルミネーション(2017/11/26)

福山サービスエリアのイルミネーション(2017/12/3)

高知県東部~徳島県の道の駅

道の駅・南国(2017/12/5)

この時、丁度10時がきて、からくり時計が動きました。

道の駅・やす(2017/12/5)

道の駅・田野駅屋(2017/12/5)

港の道が船が通過する時、上がっている状態(2017/12/5)

野良時計とひまわり(2017/12/5)

安芸市のシンボル「野良時計」

家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主でだった畠中源馬氏が自分で時計組立の技術を身につけ、歯車から分胴まで手作りで作り上げた時計台。

太平洋と岩

徳島県 日和佐城

近くの道の駅・日和佐では全国的にも珍しい地鶏の削り節を販売していました。

その道の駅からは、四国八十八箇所霊場の第二十三番礼所の薬王寺が見えました。(2107/12/5)

旅好車

 

 

 

3F療養です。

03.02.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

ブログの更新が大変遅くなりました。

介護員有志による作品でお正月バージョンに引き続き、節分バージョンを紹介します。

細部までとても丁寧に作られており、彩り豊かな素晴らしい切り絵と可愛くてユーモアあふれるイラストで構成されています。毎回作品を見る度にとても感動します。

      

季節のうつり移りを表現してくれ、病室の空間を出してくれて、患者さんに温かい時間を過ごしてもらっています。『福がたくさん皆さんにくる様に』願って、3Fスタッフ一同、患者さんに安心して療養出来るよう看ています。

新年も力作

02.01.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 3階リハビリ室の飾りつけです。クリスマスの飾りも力作でしたが、お正月も力が入っています。
12月29日には例年のお正月バージョンに変わっていました。

 

こんな様子です。初日の出に雪だるま。
翌、30日の夕方。部屋の点検に回りますと・・・

 壁の様子ががらりと変わっておりました。日勤の看護師さん達にどうしたの?ときいてみると
彼女たちも気付いてなかったそうで「わぁ!すごい!!」の連発でした。

元の画像ファイルではもう少しくっきり文字が読めるのですが・・・。

 誰が作ってるんです?ときいてみると、介護員やリハビリのスタッフの有志が作ってくれたそう
です。お疲れ様でした。1階のリハビリの部屋には、また別に飾りつけがしてありました。

 

今年の干支、犬の貼り絵。「黄色い老犬」って映画がありました。こちらは絵馬になっていて
ハッピーエンドが予感されます。右の画像は順番に・・・外来のTさんにいただいた鶴の飾り。
真ん中の鏡餅(毛糸の手作り)を挟んで金銀の折鶴。その右手にK.N。さんからいただいた冬の
絵手紙。

 外来玄関を入った所には豪華な花。受付にもお正月らしい小物が出ています。

 

 外来の絵は新春猿回し(鈴木春信)・・・今年は順に6枚の美人画を掛け替えようかと思って
います。昨年も飾っていた「手摺木版 広重筆 王子装束ゑの木大晦日の狐火」と頂いた円山応挙の
小犬の色紙をかけました。内田コレクションのガラス絵の額絵は中国の少し華やかな絵に変えて
います。

 

 管理棟のお正月画像はこちらです。

 

 流沙@昭和会

 

少しずつクリスマス

17.12.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

先日紹介したサンタクロースは日々位置を変えています。煙突の中に入っていたり、植木鉢の陰から
こちらをのぞき込んでいたり・・・。

今年は昭和会のストックにエル・グレコの額絵集が加わりました。宗教色の強い絵なので今年の
クリスマスに使えるかなと、秘書室・外来の主任・病棟のクラークさん達で相談した所・・・
何となく怖い絵が多いので、16枚中2枚、「聖家族」と「パントコート」をクリスマスの
イメージで、外来にかける事にしたそうです。

 

少し寂しいようなので、ガラス絵の内田コレクションというのがありまして、この額絵集から
クリスマスに合いそうな3枚を追加しています。(画像はいいのが撮れなかった)

後はもう1枚。ジョヴァンニ・ベリーニ(1430頃-1516)の「キリストの復活」をもとにした
銅版画で1800年代の終わりころの物があったので額装しています。

病棟の方は3階のリハビリ室に2枚の聖母子像をかけました。2014年の昭和会のブログ
あったラファエロの「椅子の聖母」とロベルト・フェルッチィの「聖母」です。

流沙@昭和会

久し振りの院内の様子です

03.12.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

3階リハビリ室は10月にも紹介されているような集団リハビリや音楽療法がおこなわれておりまして
季節を先取りの飾りつけが行われています。11月の下旬には、クリスマスの飾りつけが出来ておりまし
た。見事だったので写真を撮っておきました。

 

右の画像の一部を引き延ばしますと・・・少しぼやけますが・・・。

先にリンクした投稿の画像で、壁にチラチラと菊や桔梗の飾りが見えていますが・・・その場所に
こうした飾りがかかっています。

春ごろから妙にバタバタして、あまり院内の様子を紹介できておりませんでした。この機会に
まとめて画像をご覧ください。

5月の3階リハビリ室の飾りつけ。梅雨の季節に向かって・・・。

 
 

6月になると、花瓶にヒマワリの飾り・・・。12月に入った今もヒマワリなのが面白い。
画像にはありませんが、このヒマワリの右上に出来た飾りの葉っぱが、この時点(5月、まだ飾りは
出来ておりません)でソファーの上に落ちていたのが面白い。

6月下旬には、蛍の川と天の川の飾りに変わります。
 

7月の飾りつけは、天の川が朝顔やスイカに変わります。
 

8月になりますと、蛍が朝顔やブドウの飾りにかわります。工夫しながら飾り付けているのが
よく分かります。画像の下の方の、カバーが掛かっているのは電子ピアノ。
 
8月には1階のリハビリ室にも力作が掛けられました。貼り絵でモネの婦人像がつくられて
いました。夫人と子供の絵が何種類かありますが・・・そのうちの構図。

9月になりますと、10月の療養病棟の投稿にも写っている菊と桔梗です。
 

10月には2階の一般病棟が拡張されました。リンクはその時の医事課からのお知らせです。
3階療養病棟にあった年代物の人工呼吸器(使おうと思えば使えるそうですが・・・資料としての
価値の方が高いんだそうです。)も移動しました。

そして、画像は最新のクリスマス版(トップ)へ・・・続いています。

この秋から、2階談話室の自動販売機の横に額をかけるようになりました。

 

11月いっぱいは日本画で岡崎國夫の「むさしの」
12月からは油彩で永井功の「雪の日」をかけています。

本日は管理棟横の通路で、サンタクロスが倒れているのを見つけました。通りかかった介護員さん達に
「どうして倒れてるんでしょう?」ときいてみると・・・

「煙突を覗いてるんじゃないですか?!」

反対側に回ってみると・・・確かに!

流沙@昭和会

2月7日から3月2日までの院内の画像から

05.03.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 御沙汰しておりました。タイトルの如く、この間の院内の画像を紹介させていただきます。
まずは2月7日の3Fリハビリ室の様子。こちらの部屋は桃の節句と春の装いになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右手の飾りは何?聞いてみたけど分からなかった。

 次は2月18日の管理棟の階段。もうすぐ3月だなあという雰囲気。この場所は、日々少し
づつ変わって行きます。メッセージカードが変わっていたり、飾りの後ろの掛物が変わって
いたり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は2月27日の外来の御雛様。数年前から誰か、スタッフが持ってきてくれて
います。かわいいなあと、人気があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月に入って、少し額も変わっています。それは・・・昭和会のブログに紹介させて
いただきました。よかったら御覧ください。3月からの平福百穂の絵はこれです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものリハビリの部屋の絵手紙も、梅と桃の節句に変わっていました。もう一つ
3月は卒業の季節。掲示板に「贈る言葉」の歌詞が貼ってありますが・・・内部の
事情としましては長年お勤めの事務局長がこの春退職されました。お世話になりました
の感謝を込めて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 内科の平野先生が、ご自身のブログに記事を書いておられますので、こちらで
紹介させて頂きます。

 流沙@昭和会

小正月の日に

15.01.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 1月15日、小正月であります。この頃(いつ頃から!?)は少し感覚が違うそうですが・・・
私等の世代は、もう松の内も終わったな・・・気分も新年じゃないな・・・と、そんな気分になって
おられる方も多いのではないのでしょうか。

 年末からの病院は・・・12月29日の画像を紹介しますと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、3Fのリハビリ室。雪だるまの横におめでたい飾りができておりまして、クリスマスツリーも
お正月の雰囲気に変わっておりました。

 管理棟の方は、まず下駄箱のの上に新年らしい生け花。階段の棚にはお正月の飾り(12月31日
撮影)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 12月31日に額を交換しました。以前は昨年の干支の猿の水墨画を並べておりましたが
今年は百人一首にして、少しづつ交換して行きます。

 外来等の方では、まずリハビリ室の所の掲示板が干支の鶏の貼り絵に変わっていました。いつも
ながら大作です。

 

 さて、小正月!ちょっと気分を変えに病院をのぞいてきました。

 まずは階段を上って2Fへ上がると、小倉遊亀の額絵をかけていますが、これは月替わり。その
周囲に池田瑞月の額絵(「瑞月草花画譜」60図)が3枚。月に2~3回交換しています。今日は
これを2枚交換しました。おもと と ふきのとうです。2階療養病棟のデッサン画の集まっている
あたりは以前紹介した事のある3枚をこちらの3枚に交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和会のブログのこちらのページで紹介しました、松井叔生のパステル画の一部です。

 2Fエレベーター横に作者不詳の版画をかけていましたが、久々に鮮やかな額に変えてみました。
松井多美子作 の押し花絵です。一般病棟は花の絵が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は3F。3F療養病棟廊下の南端に1980年頃のリトグラフの掛った一角がありますが、あまり
違和感はないかなという額があったので、その近くのアジア風の額と交換してみました。そのアジア
風の額は詰所前の壁に移動。吉岡浩太郎のシルクスクリーンで「 想い出の花」という題です。

 

 最後に外来。薬局の前に、梶川工房版 の復刻浮世絵木版画で安藤広重の「 王子装束ゑの木大晦日の
狐火」を年末用に掛けておりましたが・・・さすがにもう掛け替えた方がよいか!こちらには松井叔生
の「緑の服の女」(仮題?)を掛けました。何となく・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外来には、沢山の鶏の色紙が掛かっておりまして、これに追加して、やはり松井叔生の伊勢海老の
静物画(水彩)を掛けています。これも交換しようかなと暫く考えて、もう少しこのまま掛けておく
ことにしました。特に理由は無いけれど・・・。

 流沙@昭和会

1Fの空調工事その後

31.10.16 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

9月11日の投稿で紹介させていただいた1Fの空調工事は予定通りに終了しま
した。10月の1日には、空調室から古い器具が搬出されました。空調には2つの
部屋が割り当てられておりまして、部屋いっぱいに大きな機械がおさめられていて
分解された機械が取り出されました。

外来、ペインクリニックの診察室に接した部屋の作業の様子。

161001hpa1a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日の機械の写真を、総務のスタッフが撮影しておりましたので、ご披露。

161001ahpa1c161001ahpa1a

 

 

 

 

 

 

大型の機械。タービンやら・・・黒い部品にファン・・・やはり、1F全体の空調を
していただけに大掛かりなものでした。

161001ahpa1b161001ahpa1d

 

 

 

 

 

 

その後に撮りました10月7日のリハビリ廊下、吹き出し口の画像。9月11日の
廊下の吹き出し口の所です。少しリハビリに近い場所になりますが・・・。

161013hpa1a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは10月16日の画像。左が先ほどのペインクリニック外来に近い部屋。
右が少し西側、リハビリ廊下に接した検査室近くの部屋。

161016hpa1c161016hpa1a

 

 

 

 

 

 

 

 

 
161023hpa1c

 これまでは大きな機械でまとめて1Fの空調を行っていましたが、今回の工事を
機に、それぞれの部署で温度の調節ができるようになりました。

161016hpa1b

こんな具合。もう一つカッコよくない感がありますが、部屋に空きが出来たので
不足していた収納場所(倉庫)が確保できました。また部屋の名称変更をしておか
ないといけません。

本日はハロウィン当日。上のジャック・オー・ランタンは総務のTさんが飾って
くれていたのですが、今日は見当たらない。どこに行ったんだろうと思いましたら
日々花の陰に移動してこちらを見ておりました。

161031hpa1a

流沙@昭和会