「麗らか」って「うららか」て読むんですね

15.04.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

お初に お目に掛かります。
倉敷北病院 2階で売店業務をメインに担当している総務部庶務の者です。
宜しくお願い致します。

さて皆さん、病院の裏の桜はスッカリ葉桜になってしまいましたが お花見はされましたか。

私は犬の散歩中、小学生の通学路を通るので それが今年の花見になりそうです。
お花見会場に行ったとしても結局は屋台巡りになってしまうんですけどね…!
焼肉が食べたい。寿司でも良い。ラーメンも良いな。

気が付いたら平成の世が残り半月です。半月後には令和ですよ。
つい、この間に年が明けたと思ったら、もう春です。
ビックリします、本当に。

年々、1年が短くなっている気がするんですが。
最近、自分の年齢が分からなくなってきました。

今週から天気も回復して暖かく…暑く?なるそうですね。
お出かけ日和の到来ですな!

今年の お出かけ予定が秋まで埋まりつつあるのでスケジュール帳を開くのが楽しいです。
色んな所へ行ってきますよ。
岡山県内から広島、四国は高知、更に大阪、東京…。

お土産話、期待していてくださいね!!

最終目標は秋のディズニーランドと年末のコミケです。
今からテンションぶち上がりますね。
走り回りたくなります。


季節を感じられる写真や動画でも…と思ったのですが、どれもこれも諸事情により使えませんでしたww
実に申し訳ないですwww

特に散歩中に遭遇した「雉」の動画っ!!
ガッツリ近所バレ身バレ案件だった…、勿体ない;;

改元記念 聖徳記念繪畫館額絵展

09.04.19 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

  4月1日、来月1日からの新元号「令和」が公開されました。手元に

明治神宮の聖徳記念繪畫館に所蔵されている80枚の絵画の額絵

集がありました。絵画館には明治天皇を中心とした歴史的な絵画が

展示されていますが、その写しを四つ切の額絵にしたものです。この

度改元を記念しまして、いくつかの額絵を選んで展示させていただき

ました。

  第1期は10枚を選びました。6枚を外来、4枚を2階東病棟に展示し

ています。

外来、ペインクリニックの所。左の海老の水彩画は松井叔生の直筆です。
2階東病棟に4枚の額があります。

 額絵の画像は昭和会のブログでご紹介します。第1集は10枚で

第2集に入った現在、外来と2階の額を交換しています。外来では

新たに2枚の絵を追加しています。



医療法人昭和会企画

3F療養より

05.04.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

少しずつ季節も春らしくなって参りました。

3Fでは、今回も有志によりPT室を春満開にリフレッシュしてくれています。

新元号が『令和』に決まり、看護部においても新入職者の方が仲間入りして

各病棟が活気づいています。

患者、ご家族様に安心して過ごして頂けるよう、家庭的な雰囲気も盛り込んで

看ていきたいと思います。

◇ホームページ更新のお知らせ◇

04.04.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

段々、暖かくなってきましたね。桜も咲いてすっかり春めいてきました🌸

  まだまだ朝夕は寒いので、体調管理にはお気をつけ下さい。

-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-🌸-

当ホームページの更新をしましたので、お知らせいたします。

 ◇今月より、外来診療予定表が新しくなりましたので、ご覧ください。

 ◇毎週月曜・木曜日の小児科担当の先生が変更となりました。 

 今月より月曜日は、藤代 定志(ふじしろ さだゆき)先生         

     木曜日は、道上 理恵(みちうえ りえ)先生が

 小児科担当医としてお越しいただくこととなりました。 

 お二人ともやさしい雰囲気の先生です。

 秘書室

新しい年

30.03.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

こんにちは、倉敷北病院の看護師です。

ついに、春がやってまいりました!少し暖かくなり、桜も開花宣言されましたね。

開花宣言と共にプロ野球もついに開幕です❤︎❤︎

わたしはここで働いて2年が経とうとしています。

昨年度は褥瘡委員会に入り、学会などに参加さしていただいて様々なことを学ぶ年でした。

しかしまだまだ学ぶことがたくさんありますので来年度もしっかり学んでいこうと思います。

そして、それと同じくらいプロ野球の応援、わたしはカープファンなのでカープの応援をしっかりして四連覇目指してがんばります!!

また、今年は元号も変わろうとしてます。

倉敷北病院も、患者様とその家族様が今よりさらに居心地のよくなるように、思いやりの心を大切に進化していきます!

来年度も目標もって頑張るぞ〜!!!!

キーワード #カープ四連覇 #学ぶ安藤


乳糖不耐症について

15.03.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

 桜の開花が間近ですね❀だんだんと寒さも和らいで春らしい陽気となっています!!そんな時、ちょっと冷たい牛乳たっぷりのカフェオレをぐいっと飲んでしまい、お腹がゆるくなったことはありませんか? 

 牛乳や乳製品に含まれる「乳糖」が原因かもしれません。乳糖は、小腸から分泌されラクターゼという酵素により分解されます。分解された成分は、小腸に吸収されやすいのですが、分解されないと乳糖が消化吸収されません。アジア人は、乳児では多く分泌されていますが年齢とともにこの酵素ラクターゼが減少してしまいます。

 牛乳や乳糖を多く含む乳製品を分解しきれないほど摂取した場合、分解されない乳糖が小腸で高濃度となり、水分を引き寄せて、水溶性下痢を引き起こしてしまいます。チーズでは乳糖がわずかなので分解されます。ヨーグルトは、ラクターゼが含まれているため食べることが可能です。

 牛乳アレルギーと乳糖不耐症とは、発生機序が異なりますので別の病気となります。

栄養部

車が欲しい

27.02.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

タイトル:車が欲しい

こんにちはNです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私はを痛めておりまして…そろそろと歩いておりましたところ、

妊婦だと思って、電車内で席を譲ってくださった方がいました。

まだまだ寒いこの頃、親切な対応に、ほっこりと心温まりました。


ありがとうございました。


しかし、私、独身です。

妊娠していません。

でも、ありがとうございます。痩せようと決意できました。

あと、ずっとだらだら悩んで決められなかった車購入を、本格的に考えるようになりまして、

先日、車屋さんへ行ってきました。

店に入ると店員さんが話しかけてくれました。

店員さん「なにかお探しですか?」

N「タントありますか?」

店員さん「…ございません、ね…」

N「あれ、そうですか…」

店員さん「そうですね、当店ホンダでございますので…」

N「…!?あ、あの、タントって、その」

店員さん「ダイハツさんでございます」

N「あ、あ、し失礼しました!」

と、いう出来事がありました。

くじけそうになりました。

車、欲しいな……

ところで、みなさんご存知でしたか?

厚生労働省が公表している平成28年 国民生活基礎調査の「世帯員の健康状況」で、病気やケガ等の自覚症状調査で「腰痛」は男性の第一位、女性の第二位であり
生涯で80%以上の成人が腰痛を経験する、と言われています。

一度腰痛になると下図のような悪循環に陥ることがあるので、普段から腰痛になりにくい体づくりをして予防することが大切です。

腰痛の回復

これから寝たまま出来るホームエクササイズをいくつかご紹介します。

すでに腰痛症状が出ている方は、かかりつけの医師にご相談の上で行ってくださいね。

腸腰筋(股関節を曲げる筋肉)のストレッチ、頚部・腹筋群の筋力強化
ハムストリングス(太ももの裏側)のストレッチ
腹筋群の筋力強化
背筋群、下肢筋の筋力強化

息を止めず、無理のない範囲で行ってください。ではでは、失礼します。

◇ホームページ更新のお知らせ◇

06.02.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

下記の通り、ホームページを更新しましたので、お知らせいたします。

外来診療予定表 ⇒ 今月2月から内科(2診)の外来診察日が、

          月曜日午前・午後、水曜日午前、木曜日午前となりました。

求人情報ページ ⇒ 「事務員(人事・総務)」、「医療事務全般(管理職候補)」の情報更新しました。

求人ご希望の方、質問等ございましたらご連絡くださいませ。

 秘書室  

インフルエンザについて

06.02.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

インフルエンザとは?

インフルエンザウイルスが喉や気管支、肺で感染・増殖することによって発症する病気のことです。

インフルエンザの発症者は0~9歳の小児が約半数を占めているのに対し、インフルエンザによる死亡者は65歳以上の高齢者が大部分を占めているといわれています。

インフルエンザの流行時期は?

季節性のインフルエンザは、例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。

インフルエンザウイルスはどうやって感染するの?

◆インフルエンザは主に、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる。

◆インフルエンザウイルスを吸い込むことによって感染します。(飛沫感染)

◆呼吸とともに鼻や喉から体内に入り込み、気道の粘膜に吸着して細胞内に侵入します。

◆感染したウイルスは、喉や気管支、肺で急激に増殖していきます。

◆感染2日後にはウイルスの増殖はピークに達し、その後減少します。

症状を改善するために、注意すべきことは?

インフルエンザの症状を改善するためには、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ『抗インフルエンザウイルス薬』の服用が有効です。抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

しかし、お薬を服用して熱が下がっても、体内のウイルスがすぐにいなくなるわけではありません。

『症状が改善したから、、、』といってお薬の服用を途中でやめることで、体内に残っているウイルスが周りの人に感染する可能性があります。熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2日間は自宅療養しましょう。

インフルエンザの予防

●インフルエンザワクチン:インフルエンザの重症化や死亡を予防することが期待されている。

●手洗い、うがい、マスクをしましょう。

●インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を抱えている人、疲労気味、睡眠不足の人はなるべく人ごみや繁華街への外出を控えましょう。外出する場合は、マスクを着用しましょう。

インフルエンザの症状は?

★1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。

★高熱(38℃以上)や全身倦怠感、食欲不振などの全身症状。やや遅れて、咳や喉の痛み、鼻水などの呼吸器症状。

★腰痛、関節痛、頭痛や悪心などの消化器症状。

★通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。 インフルエンザは、肺炎や脳症などを合併して重症化することがあります。

インフルエンザの治療法

(一般療法)安静にして睡眠を十分にとること、また、高熱によって脱水症状が起こらないように、水分補給をしっかりすること。

(薬物療法)抗インフルエンザウイルス薬の投与。インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が出現して48時間以内にウイルスの増殖のピークがきます。このため、48時間以内に服用しないとお薬の効果が現れにくくなります。

ハイリスク群の人は?

・慢性呼吸器疾患

・慢性心疾患

・糖尿病などの代謝性疾患

・腎機能障害

・ステロイド内服などによる免疫機能不全

さらに、乳幼児や高齢者についても、インフルエンザが重症化することがあると報告されています。

具合が悪くなったら、単なるかぜだと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。

安静にして体を休めるとともに、他人にうつさないようにすることも大切です。   

外来看護師

監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生

インフルニュース

薬局だより

05.02.19 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

「痛風」について

全国には予備軍を含めると1000万人も痛風患者がいるといわれます。

生活習慣が大きくかかわる病気の一つです。

痛風は尿酸が増えて起こる疾患です。通常は尿酸は尿として排泄され、一定量に保たれています。体質、年齢、生活習慣、など様々な要因で増えすぎた尿酸が結晶化してしまうと、関節や腎臓で炎症を起こします。この痛みが「痛風発作」といわれる症状です。

痛風が恐ろしいのは高い確率で尿路結石や腎障害、高血圧、肥満、高脂血症などにつながること。また腎不全や心筋梗塞、脳血管障害など生命にかかわる重篤な症状を起こすことです。

健康な人では尿酸の産生と排泄のバランスが取れていますが、このバランスが崩れると尿酸が増えます。次のような要因があります。

1)体内で産生されるプリン体の増加                               

プリン体は細胞内にある核酸という物質の主成分です。細胞の老化とともに老廃物として蓄積されます。短時間に大量のエネルギーを使うとプリン体が増えます。

2)肥満

肥満は体内でのプリン体の合成を促進し、排泄機能を低下させます。尿酸は体内で作られるものが8割を占めます。尿酸を必要以上に産生しない適正体重にすることが重要です。

3)腎機能の低下

腎臓の機能が低下すると尿酸を処理できなくなって、体内の尿酸が増えてしまいます。水分補給をしっかりして、排尿を増やすことも大切です。

4)過度のアルコール摂取

アルコール飲料は体内で分解されるとき尿酸がつくられます。どのアルコールでも尿酸がつくられ、排泄を邪魔します。飲みすぎないことが痛風の予防になります。

5)プリン体を多く含む食品の摂取

レバー、白子、あん肝、魚の干物などはプリン体が多いので食べ過ぎないようにしましょう。

6)ストレス過多

ストレスも腎臓の負担になり、尿酸を増やす要因になります。食事や飲酒を改善しても尿酸値が下がらないときは、ストレスを疑いましょう。適度な運動や趣味などストレスの発散方法をみつけましょう。

「尿酸値が高い」といわれたら、なぜ増えたか理由を考えて、できることから対策を始めましょう。