秘書室よりお知らせ(^^)

23.02.18 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

秘書室よりお知らせです。

① ホームページの更新を行いました。

リハビリのスタッフ人数の変更

 

② 秘書室の担当が代わります。

来週2/26より、スタッフH→Sに代わります。

S

はじめまして。秘書室担当のSと申します。

当院入職前は、大学病院で医局秘書をしておりました。

その経験を活かしつつ、「仕事は迅速・丁寧に、日々笑顔で」をモットーに頑張ります。

どうぞよろしくお願いいたします。(*´ω`)

道の駅巡り

17.02.18 / 病院だより, 花だより / Author: / Comments: (0)

道の駅 醍醐の里 青いにんにく卵はこの鶏が産んでいます。純国産種 岡崎アロウカナといい非常に珍しいそうです。(2017/11/19)

松江城附近の郵便ポスト(黒)(2017/11/23)

国道・米子道からの大山(2017/11/23)

紅葉・万両(2017/11/24)

三木サービスエリアのイルミネーション(2017/11/26)

福山サービスエリアのイルミネーション(2017/12/3)

高知県東部~徳島県の道の駅

道の駅・南国(2017/12/5)

この時、丁度10時がきて、からくり時計が動きました。

道の駅・やす(2017/12/5)

道の駅・田野駅屋(2017/12/5)

港の道が船が通過する時、上がっている状態(2017/12/5)

野良時計とひまわり(2017/12/5)

安芸市のシンボル「野良時計」

家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主でだった畠中源馬氏が自分で時計組立の技術を身につけ、歯車から分胴まで手作りで作り上げた時計台。

太平洋と岩

徳島県 日和佐城

近くの道の駅・日和佐では全国的にも珍しい地鶏の削り節を販売していました。

その道の駅からは、四国八十八箇所霊場の第二十三番礼所の薬王寺が見えました。(2107/12/5)

旅好車

 

 

 

3F療養です。

03.02.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

ブログの更新が大変遅くなりました。

介護員有志による作品でお正月バージョンに引き続き、節分バージョンを紹介します。

細部までとても丁寧に作られており、彩り豊かな素晴らしい切り絵と可愛くてユーモアあふれるイラストで構成されています。毎回作品を見る度にとても感動します。

      

季節のうつり移りを表現してくれ、病室の空間を出してくれて、患者さんに温かい時間を過ごしてもらっています。『福がたくさん皆さんにくる様に』願って、3Fスタッフ一同、患者さんに安心して療養出来るよう看ています。

カンボジアに旅して!

29.01.18 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

DI室    岡本 邦子

“岡本先生、いつになれば、カンボジアに来れますか?・”と彼女からの、電話。彼女と

の出会いは、FIP(世界薬剤師、薬学生国際会議)に日本代表として、初参加した時で

ある。

カンボジアにいままで、行きたいと思いつつも、常勤

の関係で、なかなか、いけなかった。

こんな状態なら、いつまでも、行けない!病院には、無理をお願いして、後輩の待つカン

ボジアへ、単身とんだ。

プノンペン空港まで、フライトで、約7時間。空港についたのは、日本時刻で、真夜中。

それから、彼女のくるまで、ホテルに。つくや否や、爆睡。

翌日、プノンペン市街から彼女の車で、デコボコ道路を約3時かん。(道路の整備がまだま

だ。)

やっと、NGOの集会所に。

“これでも、建物に、少し政府がおかねをだしてくれたんよ”

という窓もなく、吹きさらしのたてもの。訪れた時はちょうど、真夏の8月。

やはり、暑かった。扇風機は、昔、銭湯で、天井につるされていた物と同じ。

そこに、午前中だけで、約50人の住民が血圧や、HbA1c測定、簡単な健康相談に。

私も血圧や、HbA1cの測定、をおこなった。(大学院で、フィジカルアセスメントは学

んでいた)

そこで、異常があれば、日本の薬剤師会や病院薬剤師会から、送られてきている

アムロジピンや、ボグリボースを投藥。住民への説明は彼女の旦那さんが、カンボジア語

をしゃべるので、カンボジア語⇔英語の逐次通訳。

殆ど無料に等しい、この健康測定に来れるのは、現地でも、富裕層。

このイベントにすら、参加できない住民がたくさんいるのだ。

あらためて、にほんの医療保険制度の充実ぶりを、認識した。

測定がおわり、車で、約1時間の、村で一番よいと言われている食堂(?)に。

高床のチャブ台で、野菜、チキン、魚を頂く。初めて“カエルの丸焼き”を。でも、と

ても、美味だった。

昼からはまた、集会所にもどり、健康測定をおこなった。

夕方になり、ホテルに。

2日間のボランティアを終えた、3日目は1人で、“ツクツクタクシー”なる人力車で、プ

ノンペン市内めぐり。

地域住民の生活は、昔日本で“あばら屋”とよばれた住居であった。

が、住居にしても、貧富の差がおおきかった。

医療機関で安部首相も、訪問された“小児専門病院”は建物も立派であったが、ロシアの

資本が投資されているとの事。医療機関には、たいてい、中国マネーが流れているのだ。

なんの病気や事故もせず、無事、日本に帰国という時に、空港でのんだ、オレンジ

ユースに現地の水からつくった氷がはいっていたのか、帰国の機内で、腹痛にげり。でも、

なんとか自宅まで、たどりついたのは、不幸中の幸であった。(ブスコパン、のみたぐり)

いつも、感じる事!日本ほど、全てにおいて、恵まれた国はないし、国民皆保険の国も

ない。ならば、せめて、服薬遵守を!薬剤師として、いつも、思う。

2階一般病棟へ今年2名入職されました。

19.01.18 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

2階一般です。

今年1月4日に入職された方が二人(Kさん&Sさん)います!

まだ2週間ほどですが、ちょっとインタビュー!してみました。

 

 

Q1 入職してみて当院はどうですか?(感じたこと、びっくりしたことなどなど)

 

Kさん: 人工呼吸器やNPPVなどを装着している患者様が多く、思っていたより重症度が高い事。

Sさん: 電子化、システム化される前の昭和の病院であると感じた。

 

 

Q2 当院のいいところを教えてください(いくつでもO.K!)

 

Kさん: お子様や家庭の事情などで、二交替、三交替、夜勤専門など働き方が選べること。

Sさん:・スタッフ間であいさつをして、なごやかな所

・業務をチームワークよく実施している

 

 

Q3 今後やってみたいことなど、意気込みをひとこと!

 

Kさん: 早く受け持ち患者を持ちたい!

Sさん: 病棟スタッフの一員として、口腔ケアの推進を行っていく!

 

 

Q4 あなたのリラックス方法は?(OFFの過ごし方などなど)

 

Kさん: ホットヨガ(仕事帰りにすぐ近くなので、通いやすいです♪)

Sさん: 職場を出たら、仕事のことは忘れる!

気持ちを切りかえて過ごす!

 

Kさん&Sさん、御協力ありがとうございました。

これからも一緒にがんばりましょう!(^o^)/♪    2階 一般

新年も力作

02.01.18 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

 3階リハビリ室の飾りつけです。クリスマスの飾りも力作でしたが、お正月も力が入っています。
12月29日には例年のお正月バージョンに変わっていました。

 

こんな様子です。初日の出に雪だるま。
翌、30日の夕方。部屋の点検に回りますと・・・

 壁の様子ががらりと変わっておりました。日勤の看護師さん達にどうしたの?ときいてみると
彼女たちも気付いてなかったそうで「わぁ!すごい!!」の連発でした。

元の画像ファイルではもう少しくっきり文字が読めるのですが・・・。

 誰が作ってるんです?ときいてみると、介護員やリハビリのスタッフの有志が作ってくれたそう
です。お疲れ様でした。1階のリハビリの部屋には、また別に飾りつけがしてありました。

 

今年の干支、犬の貼り絵。「黄色い老犬」って映画がありました。こちらは絵馬になっていて
ハッピーエンドが予感されます。右の画像は順番に・・・外来のTさんにいただいた鶴の飾り。
真ん中の鏡餅(毛糸の手作り)を挟んで金銀の折鶴。その右手にK.N。さんからいただいた冬の
絵手紙。

 外来玄関を入った所には豪華な花。受付にもお正月らしい小物が出ています。

 

 外来の絵は新春猿回し(鈴木春信)・・・今年は順に6枚の美人画を掛け替えようかと思って
います。昨年も飾っていた「手摺木版 広重筆 王子装束ゑの木大晦日の狐火」と頂いた円山応挙の
小犬の色紙をかけました。内田コレクションのガラス絵の額絵は中国の少し華やかな絵に変えて
います。

 

 管理棟のお正月画像はこちらです。

 

 流沙@昭和会

 

お餅を食べるときは注意しましょう!

27.12.17 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

2017年ももう残りわずかですね。この季節になるとお餅を食べる機会が多くなります。

お餅は窒息のリスクが高い食品です。毎年、注意喚起されながらなかなか事故がなくならないのは

食べ慣れているので「自分は大丈夫!」という過信があるからかもしれません。

窒息のリスクを知って食べ方に気を付けましょう。

    ≪詰まらせないための工夫≫

1.お餅を食べやすくしましょう。

大きなお餅は危ないので、噛む力・飲み込む力に合わせて小さく薄切りにしましょう。

2.水分と一緒に食べましょう。

水分が足りないと、のどに張り付いて飲み込みにくくなったり、詰まりやすくなります。雑煮にするなど、

できるだけ水分と一緒に食べましょう。

3.一人で食べないようにしましょう

一人で食べると詰まらせた時に危険です。高齢者がお餅を食べる時は、家族や周囲が目を離さないようにしましょう。

 

栄養部

 

少しずつクリスマス

17.12.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

先日紹介したサンタクロースは日々位置を変えています。煙突の中に入っていたり、植木鉢の陰から
こちらをのぞき込んでいたり・・・。

今年は昭和会のストックにエル・グレコの額絵集が加わりました。宗教色の強い絵なので今年の
クリスマスに使えるかなと、秘書室・外来の主任・病棟のクラークさん達で相談した所・・・
何となく怖い絵が多いので、16枚中2枚、「聖家族」と「パントコート」をクリスマスの
イメージで、外来にかける事にしたそうです。

 

少し寂しいようなので、ガラス絵の内田コレクションというのがありまして、この額絵集から
クリスマスに合いそうな3枚を追加しています。(画像はいいのが撮れなかった)

後はもう1枚。ジョヴァンニ・ベリーニ(1430頃-1516)の「キリストの復活」をもとにした
銅版画で1800年代の終わりころの物があったので額装しています。

病棟の方は3階のリハビリ室に2枚の聖母子像をかけました。2014年の昭和会のブログ
あったラファエロの「椅子の聖母」とロベルト・フェルッチィの「聖母」です。

流沙@昭和会

リハビリテーション科に新しいスタッフが増えました!

15.12.17 / お知らせ / Author: / Comments: (0)

寒さもひとしお身にしみる頃となりましたが、皆様体調を崩されていないでしょうか。

このたび、リハビリテーション科に新たに2名のスタッフが加わりましたのでご紹介させていただきます。

 

K(理学療法士)

初めまして、理学療法士のKです。倉敷北病院に入職前は整形外科のクリニックで勤務しておりました。

前職場とは患者様の疾患や状態が異なり右往左往しておりますが、経験豊富な先輩が多く、日々様々な事を吸収させて頂いています。

これから一日も早く倉敷北病院の患者様に適した理学療法が行えるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

 

N(言語聴覚士)

こんにちは。新人のNです。入職してまだ日も浅くわからない事ばかりですが、先輩や周りのスタッフに助けてもらいながらなんとかやっております。当院は嚥下障害の患者様が多くいらっしゃるので、特に嚥下の勉強を頑張りたいと思っております。そんな私は最近岡山に面白い温泉?銭湯?を見つけました。そこは岩盤浴もやっていて、ご飯も美味しくて、なんやかんや4時間ほど滞在してしまいました。私はバイク通勤をしているのでこの寒さはなかなか堪えますが、お風呂屋発掘を楽しみに頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

今後とも、患者様に寄り添ったリハビリテーションが行えるよう頑張ってまいりますので、スタッフ一同よろしくお願いいたします!

 

久し振りの院内の様子です

03.12.17 / 病院だより / Author: / Comments: (0)

3階リハビリ室は10月にも紹介されているような集団リハビリや音楽療法がおこなわれておりまして
季節を先取りの飾りつけが行われています。11月の下旬には、クリスマスの飾りつけが出来ておりまし
た。見事だったので写真を撮っておきました。

 

右の画像の一部を引き延ばしますと・・・少しぼやけますが・・・。

先にリンクした投稿の画像で、壁にチラチラと菊や桔梗の飾りが見えていますが・・・その場所に
こうした飾りがかかっています。

春ごろから妙にバタバタして、あまり院内の様子を紹介できておりませんでした。この機会に
まとめて画像をご覧ください。

5月の3階リハビリ室の飾りつけ。梅雨の季節に向かって・・・。

 
 

6月になると、花瓶にヒマワリの飾り・・・。12月に入った今もヒマワリなのが面白い。
画像にはありませんが、このヒマワリの右上に出来た飾りの葉っぱが、この時点(5月、まだ飾りは
出来ておりません)でソファーの上に落ちていたのが面白い。

6月下旬には、蛍の川と天の川の飾りに変わります。
 

7月の飾りつけは、天の川が朝顔やスイカに変わります。
 

8月になりますと、蛍が朝顔やブドウの飾りにかわります。工夫しながら飾り付けているのが
よく分かります。画像の下の方の、カバーが掛かっているのは電子ピアノ。
 
8月には1階のリハビリ室にも力作が掛けられました。貼り絵でモネの婦人像がつくられて
いました。夫人と子供の絵が何種類かありますが・・・そのうちの構図。

9月になりますと、10月の療養病棟の投稿にも写っている菊と桔梗です。
 

10月には2階の一般病棟が拡張されました。リンクはその時の医事課からのお知らせです。
3階療養病棟にあった年代物の人工呼吸器(使おうと思えば使えるそうですが・・・資料としての
価値の方が高いんだそうです。)も移動しました。

そして、画像は最新のクリスマス版(トップ)へ・・・続いています。

この秋から、2階談話室の自動販売機の横に額をかけるようになりました。

 

11月いっぱいは日本画で岡崎國夫の「むさしの」
12月からは油彩で永井功の「雪の日」をかけています。

本日は管理棟横の通路で、サンタクロスが倒れているのを見つけました。通りかかった介護員さん達に
「どうして倒れてるんでしょう?」ときいてみると・・・

「煙突を覗いてるんじゃないですか?!」

反対側に回ってみると・・・確かに!

流沙@昭和会