いなり寿司ってなぜいなり

15.12.23 / 栄養部だより / Author:

いよいよ12月も半ばに差し掛かかり、街すっかりクリスマスカラーです。

栄養部では年末年始の献立は出来ており、今は発注業務を行い新年を迎える

準備の真っ最中です。

先日、病院の昼食はいなり寿司でした。

いなり寿司、おいなりさんともいわれますね…何故「いなり」なんでしょう?

ということで、今回はいなり寿司の由来についてです。

いなり寿司の歴史は、江戸時代までさかのぼります。古い食べ物ですね。

発祥は、稲荷神社にお供えされている油揚げにご飯を詰めたものということです。

江戸時代後期の書物には、安価でおいしく、人気があり、天秤棒に乗せて

売り歩く行商もいたそうです。今でいう、移動販売みたいなものでしょうか。

なぜ、神社に油揚げがお供えされているかというと、元々はねずみを揚げて

お供えしていました。ねずみは穀物を荒らすため、ねずみを退治するきつねに

感謝の意を込めてお供えしていたそうです。


その後、ねずみから豆腐に変わり、油揚げになったとのこと。

稲荷神社はあちこちありますね。五穀豊穣祈願。

今年は、天候が高温であったため、農作物にも変化がみられ

五穀豊穣とはいかない世の中になってきました。

来年は、気候変動が収まればいいですね!

今年1年お世話になりました、また来年もよろしくお願いいたします。

お正月は、食べすぎに注意を!!!

栄養部🦊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« | »