薬局だより

10.07.18 / 未分類 / Author:

高血圧について

診察室では正常血圧でも、家庭で測定すると高血圧の人もいます。

仮面高血圧と言って心血管病になる危険が高い状態です。

喫煙者、ストレスの多い人、糖尿病の人、肥満・メタボリックシンドローム

の人、などはなりやすいので血圧を測るようにしましょう。

一般的に、血圧は夏は下がり、冬は高くなる傾向があります。

夏は 冷房の効いた部屋から暑い外にでると、血圧は上がります。また、大量の汗をかくと 脱水によって血圧が下がります。

ほかにも、怒ったりイライラするなどのストレスで、血圧が上がります。

リラックスや適当な運動も効果的です。

生活習慣の改善が降圧の効果を高めます。

改善のポイント             

1 1日の塩分は6g以下を目標に!!

減塩を心がけ、魚や野菜・果物を多くとりましょう。

野菜や果物は、カリウムが多くナトリウムを体外に排出して血圧をさげます。

キノコや海藻に多くふくまれる食物繊維もナトリウムを排出します。

2 運動を継続しましょう

1日30分程度の運動を定期的に行いましょう。

ウォーキングは有酸素運動で、特に心血管系の病気の発症をへらします。

高血圧の人は、無理をしない程度の平な道をマイペースで散歩するように

歩きましょう。                

3 肥満を減量し、節酒、禁煙を目指しましょう。

これからの暑い夏を生活習慣に気をつけて、乗り切りましょう。

 

 

 

 

 

 

Comments: 0

Leave a Reply

« | »