Dr.平野の医学コラム第7号

12.01.17 / 医学コラム / Author: / Comments: (0)

腎臓病だより №2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腎臓の働きのしくみ

 

腎臓の働きのしくみを簡単にいうと、血液をろ過する“糸球体しきゅうたい”と、

ろ過された血液成分の中で必要なものだけ吸収する“尿細管にょうさいかん”で成り

立っています。糸球体と尿細管は一つながりの構造で、これを“ネフロン”といい1

個の腎臓には100万個あります。毛細血管の塊である糸球体では、血液中の血球や

たん白質を除く成分はいったんろ過されます。糸球体につながる尿細管では、必要

な成分だけが吸収され血液に戻されます。その結果、不必要な成分だけが尿として

排泄されることになります。腎臓は尿を作るのが目的ではなく、ネフロンのろ過と

吸収の結果が尿の量であり成分になるのです。

腎動脈

腎臓は血液が多く流れている臓器です。腎臓の動脈には1分間に約1000cc

の血液が流れてきて、糸球体や尿細管に分布していきます。腎臓では、流れてきた

血液を糸球体でろ過したり尿細管で吸収したりして全身の体液の性状を常に一定に

保つのです。したがって、腎臓に流れていく血液量が減少しても腎臓の働きが低下

することになります。

糸球体

毛細血管が毛糸の球のように丸く集まったもので、腎臓に流れてきた血液を1分間

に約100ccろ過します。この毛細血管の構造はろ過膜としてうまく作られてお

り、赤血球やたん白質はろ過しません。それ以外の血液成分は、必要なものも不必

要なものも一緒に毛細血管の外の嚢(ふくろ)にろ過します。

尿細管

尿細管は糸球体からつながっているヘアピン状の細長い管ですが、糸球体に近い方

から近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管の3つに区別されています。近位尿細

管では、糸球体でろ過されたものの中で、体に必要な成分のほとんどすべてが吸収

されます。ヘンレループはヘアピンの様に屈曲しており、尿を濃くしたり薄めたり

する働きをします。最後につらなる遠位尿細管では、血液のミネラル濃度に応じて

さらに吸収したり、逆に分泌して体液の最終チェックをし過不足ないように調整し

ます。

 

傍糸球体装置

糸球体の根元には特殊な構造をした細胞の塊があります。ここでは血圧を上げるホ

ルモンである“レニン”を分泌します。腎臓の働きが悪くなると“、レニン”の分泌量

が増えて高血圧の原因になります。

間質

糸球体や尿細管の周りは、主に線維でできた組織で被われています。明らかな場所

は解っていませんが、ここでは造血ホルモンのエリスロポエチンが作られたりビタ

ミンDが活性化されます。

腎杯、腎盂、尿管

遠位尿細管を通過した成分が尿となりますが、腎杯に流れて行き腎盂と呼ばれる腎

臓についている大きな尿の袋に集められます。さらに、それぞれの腎臓は長い尿の

流れる管である尿管を通過して、最後には膀胱にいったん尿が貯められます。

膀胱、尿道

膀胱にある程度の尿が溜まりますと、尿意を感じてトイレで尿道を通じて排尿する

ことになる。

 

 

腎臓の一口はなし

腎臓は24時間労働で、夜中でも寝ずに働いています。しかし、夜間に尿をたくさ

ん作ると、トイレにしょっちゅう立たなければならず安眠が妨害されます。それ

で、夜間は腎臓が尿を濃縮して尿量を減らすのです。だから、朝一番の尿は黄色の

色調が強く濃厚な尿で(早朝起床時尿といいます)、尿検査の尿として適していま

す。

 

                            倉敷北病院腎臓内科

                            平 野  宏

Dr.平野の医学コラム第3号

09.06.16 / 医学コラム / Author: / Comments: (0)

元氣を心掛ける老人が元氣である

P1020136

 

 

 

 

 

 

 

 

65歳以上の高齢者の身体機能や健康レベルは、10~20年前より上がっているとする研究結果が日本老年学会で報

告された。同学会は「現在の高齢者は10~20年前に比べて5~10歳は若返っていると想定される」とする声明を発

表した。65-79歳の高齢者では、脳血管疾患や虚血性心疾患など多くの慢性疾患の受療率が減少し、要介護認定率

や死亡率も同様に低下している。さらに65歳以上の高齢者の歩く速度が(歩行速度は身体能力を示す指標とされ

る)、10年間で11歳相当も若返っている。薄暗い早朝に散歩する年寄りも、田圃でトラクターを操作し田植えする

高齢者も、フィットネスジムで筋肉トレーニングに励んでいる老人も、みんな若くて元氣そうである。でも70代

80代のお年寄りが元氣なのである。我われ団塊世代(60代)の高齢者、つまり学校給食を無理やり食べさせら

れてきた世代とは違う話のようにも思える。70代80代の老人は戦争体験者である。飲まず食わず、ひもじさや

寒さに耐えて生きてきた頑強な人たちである。和食中心のヘルシーな粗食を食べてきた。それに比べ、団塊世代は

学校給食で化学合成添加物満載の洋食を食べさせられた。ご飯をパンに替え、味噌汁を牛乳に替えさせられた。で

も戸外で元氣よく遊び身体を鍛えてきたから、今の若者よりは元氣ではある。と同時に健康法が巷に流行っていた

から、病院、医者、薬に頼らないで健康は自分で守るという意識が発達した。高齢者と言っても随分と個人差があ

る。“元氣を心掛ける人が元氣”であって、老人の身は自分で守らなければならないのである。

Dr.平野の医学コラム第2号

24.05.16 / 医学コラム / Author: / Comments: (0)

楽しく仕事をやる為には 

P1060462

 

 

 

 

 

 

 

勤務する養護老人ホーム(特養)での話。もう半年で100歳になるお婆ちゃんが入所している。

んだん口から食物や水分が摂取しづらくなってきた。介護士さんは2時間もかけて、必死の思い

で食事介助に当たっている。前回の回診のときに、ロビーにいたその介護士さんが訴えてきた。

「何とか食べられるようにして、100歳まで生かしてください」と。彼女の目つきは真剣そのも

のであった。特養では通常は施行しない点滴注射、その3日間の指示をだした。脱水も重なってい

たのかその直後から元気を取り戻し、介護人の差し出す食事に口を大きく開けて含み、噛んで、の

み込むようになった。本日回診の際に、その介護士さんが部屋に入ってきて言った。「先生ありが

とうございました。私もとっても“嬉しい”です。このような入所者さんの姿をみると、介護の仕事

が“楽しく”なります」と。私も介護士さんのこの言葉を聞いて“嬉しく”なり、老人施設で働くこと

の「楽しみ」を覚えた。喜びや快い気持ちをあらわす表現に、「嬉しい」や「楽しい」がある。こ

の二つの表現には違いがあると思う。例えば、久しぶりに友達に会えたら「嬉しい」ですし、その

友達と懐かしい話に花が咲いたら「楽しい」時間になる。「嬉しい」はその出来事に対しての直接

的な反応で、その出来事が起こった瞬間に感じる気持ち。一方、「楽しい」はその出来事を通して、

継続的に感じる気持ちを表している。友達と会えたその瞬間に「うれしい」と感じ、一緒に時間を

ごしたことによって「楽しい」という気持ちが湧いてくるのである。また「嬉しい」はその人自

身において感じるもので、個人的な感情である。「楽しい」はその時間を過ごした人が複数いれば、

その気持ちを共有することもできる。「嬉しい」の語源は【心笑みし(うらえみし)】という説が

る。「心」は体の内側、表ではなく”うら”にあるので、古くは「心」を“うら”と呼んでいた。

“心が笑う”ことを『心笑みし』と言って「うれしい」になった。また、「楽しい」は【手伸し(た

のし)】が由来ではないか。古代から人々は喜びを舞いや踊りで表現してきました。「楽しむ」と

いうのも【手伸舞(たのしまふ)】で、手を伸ばして喜び舞うことが、「楽しい」「楽しむ」に通

じたようである。自分の心が笑うと「うれしい」気持ちになり、皆で一緒に手を伸ばして喜べば

「楽しい」気持ちになる、ということだと思う。勤務する病院の職員研修会で『楽しく仕事をやる

ためにはー”生業“と”仕事“と”趣味“』の公演を依頼された。特養でのこのエピソードを話題提供し

うと思った。お金になる“生業” の中にお金にならない“仕事”を見つけ出す術を話そうと思って

いる。

 

新任医師のご紹介

11.05.16 / 医学コラム / Author: / Comments: (0)

平野DR平成28年5月1日より当院で勤務しています院長補佐の平野  宏先生です。平野先生よりエッセイをいただきましたので、ご紹介かたがた以下に掲載させていただきます。尚、以降もコラムとして随時掲載していきます。  

 

 

 

           『現在・過去・未来』

「現在」は刻々と「過去」に移り去り、「未来」は次から次と「現在」になり、そして「過去」になってしまう。当然、人は「現在」にだけ生きているのであり、“これまで生きてきたように今を生きている”のである。こんな当たり前のことを真剣に考えている。老人施設のデイケアーで、通所リハビリに通う利用者の“リハビリ会議”に参加している。利用者とその家族、理学療法士、ケアマネージャー、介護士、介護福祉器具業者、それに医師が加わって、一人30分ずつ一日7-8人ほどの利用者で実施される。在宅暮らしの利用者は高齢であり、半数以上が「認知症」と診断されている。会議では医者として意見を求められるが、認知症の治療や生活支援は難しくいつも頭を抱えている。“窮鼠猫を噛む”の心境で、新たな認知症の“病態”を考えるに至った。、認知症は「現在」から「過去」にさかのぼって健忘し、年相応の物忘れは「現在」から「未来」のことを忘れてしまう。多くの認知症患者と介護家族の訴えを聞いていると、「過去」のことなど忘れても、「現在」を生きていけるのではないか・・と思うようになった。「過去は忘れて、これから頑張って生きていこう」という励ましの言葉もあるではないか。昔の思い出や“しがらみ”などなくても生きていける。認知症患者でも、年相応の健忘症も併せもつことに気がついた(当たり前のことではあるが・・)。実は、認知症患者で最も困ることは、「過去」ではなく「現在」「未来」の物忘れなのである。今日のことが上手く記憶されない。だから「過去」は生まれないし、「未来」が「現在」になれないのである。そこで会議で新しい認知症対策を提案してみた。『もう「過去」は忘れて「現在」を呼び戻そうではないか。脳だけで覚えられなければ、目/耳などを使って体で覚えて記憶しよう。そのためには毎日を同じスケジュールで繰り返しの時間を過ごす。そうすれば一日を実感でき、今日が生まれ「現在」が蘇るのではないか』。小手先の“脳トレ”などよりも、一日の暮らしをトレーニングするほうが有効だと考えたのである。認知症だけでなく年相応の物忘れ≫も、“習うよりも慣れろ”の“日常”リハビリが必要である。

doctors_people